竹田名物 頭料理     

竹田名物 頭料理

竹田の郷土料理 頭料理 (あたまりょうり)
 
 
周りを山々に囲われ、海から遠く離れた竹田城下。
 
魚は大変貴重なものでした。
 
当時は臼杵や佐伯から駄賃取という運送屋が 魚を馬の背に乗せて
 
険しい道を通い一晩かけて 運んでいたそうです。
 
そのため小さな魚ではすぐに腐ってしまうため
 
大魚が運ばれて来る様になりました。
 
そこで町人たちが知恵を出し頭から尾っぽまで余す事なく
 
美味しく食べられる様にと考案したのが頭料理の由来になります。

 

※頭料理は仕込みに時間がかかるため要予約となっております。
お店の方までご連絡下さい。

 

こちらのページは編集段階です。
コンテンツを随時アップデート致しますので、時間を置いて再来していただけると幸いです。